笑う

本気でフットボールに取り組む

真剣に相手と対峙して、本人なりの成功と失敗を繰り返す

その姿、その眼差しを間近に観る

すると、本人の考えとプレーに僅かな誤差がある

時には転倒したり、ボールを置き去りにしてしまったり、意図する事と違う事をしてしまう


私はその姿を観て、クスクス笑ってしまう

私の姿を観て、プレーした本人も笑顔になる

すると周囲の選手もゲラゲラ笑ったりする


ピッチの中の出来事を、ピッチの外から観ていると

「ふざけている」や「真剣に取り組んでいない」や「遊びに来てるんじゃない」と言う人もいる


フットボールは元来、愉快で楽しいものであり

他人に強制されることなく、自分を表現して良い場だと思う

私もそうやって41歳までフットボールを続けているし、これからもそうやってフットボールを続けるだろう

失敗した自分を受け入れ

成功した他人を認め

次の成功のため、真剣にドリル練習で自分と向き合うべきだと思う


眉間にしわを寄せた指導者の下で、選手自身が自分を表現できるだろうか

これからの個たちは、寛大な大人たちに囲まれて、のびのびと汗を流してほしい

そんな場が鯖江にあっていいじゃないか

そんな場を作り出すエゴイスタがあっていいじゃないか

そんなチーム、グラスミーゴFC(U-15)があっていいじゃないか

 

やろうぜ フットボール

やろうぜ 俺たちのフットボール

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中